Less Than Zero♪

welovemac.exblog.jp
15年間ブルースと歩いて来た...そしてまた新しい足跡を残そう...
by wulm
プロフィールを見る
画像一覧
Twitter
  Top
ブルースが小さい頃の話 <その1>病気
2007年 07月 01日 |
 ちょっとしたエピソードなのですが・・今までを振り返る意味で書き留めておこうかなと思いました。

 小さい時からやんちゃでチョーきかんぼうのブルースですが10ヶ月の時に虚勢手術をしました。
 男の子はいくら血統書がちゃんとしていてもお見合いは難しいだろうと言う事と病気の可能性も低くなるという色々な方の意見を聞いて決断しました!!あとになって「ブルースの子供が欲しい」という方が少なからず現れたと言うオチはあるのですがそれはそれで良かったと思ってます。そのせいかどうかはわかりませんが誰ともケンカをせず「この子他のワンは駄目なので」というワンコでもブルースだけはOKと言われるくらいです。(ケンカする犬じゃ無くて良かった〜(^_^)

 虚勢手術をして数日たった日なのですが食欲が段々なくなってきました・・促すとようやく口を付ける感じで・・その前にも風邪を引いて食欲無くなった事あるのですが一日位で治ったのでまたそうかなあと・・でも段々下痢もしはじめて・・これは尋常じゃないなと翌日に医者へ。そして検査をしたら「パルボウィルス」に感染していたんです!!即入院で・・・かなり危険なウィルスということ。。「ワクチンも打ってたのに」とかもう頭真っ白になっちゃって・・そして翌日からは仕事で九州に行かなくてはならないし・・1週間は帰らないスケジュールでした・・
 仕方なく九州へ行った2日目に電話が・・「ちょっと危険な状態で・・水も飲めなくなってしまったので今点滴を打っています」とのこと・・・もうどうしよう・・・そして翌朝また電話「輸血もしてインターフェロンもやったのですが・・・申し訳ないのですがひょっとすると・・・あとはブルースの頑張りしか・・」という電話。もう涙止まらなかったです・・仕事もしなくてはならないし「たかが犬で」と思われても・・一人ラブを飼っている仲間がいて「大丈夫」と励ましてくれましたが。
 翌日が宮崎から大分に移動する日だったのでもういても経ってもいられなくて東京への航空券買いに行きました。(そのチケットどこで買ったのか全然覚えてないんですよねえ(笑))で朝一で東京へ戻りました・・そして病院へ。
 どうぞと言われてブルースの病室へ・・「えっ」っとびっくりするくらい痩せたブルースが横たわっていました。左手に点滴を刺していてその手だけが異常に大きい感じで・・薄目を開けてるような・・しばらく言葉を失ってそして泣けてきちゃって・・「ブルースっ、帰ってきたよ!!」って声かけながら細くなっちゃった体さすりました・・
 先生が「そろそろ点滴替えますので」っておりを閉めて待合室へ行こうとした時・・・・パタパタって2.3回音がして振り返るとブルースの尻尾が動いたんです、で顔をムクって上げたんです。「あれっ」「立ち上がる」って先生が・・ブルース立ち上がったんです!!抱きしめたい衝動にかられたのはもちろんですが閉めたおり越しに声をかけると一回キャンと言って手を舐めました・・そして吊るしてある水飲みから水飲み始めたんです!!
 「大丈夫かもしれないっ!!」って先生が・・・またすぐ横にはなりましたが「まだ気力があるから大丈夫かも、ひょっとして峠は越えたかも」って!!予断は許さないとは思ったけどもう嬉しくて嬉しくて!!
 そして翌日大分へ戻ったのですが・・「どんどん元気になってきてます」って電話が来るたびにもうニコニコになっちゃって(笑)

 自分に会って一生懸命生きようとしてくれたんだと(思い込み(笑))思うともうたまらなく可愛くなっちゃって・・それ以来甘やかしちゃったせいかもう輪をかけて我がまま犬に・・親の心子不知とは良く言ったもんだ!!もう困っちゃって相談の結果トレーニングをするようになりました(笑)
e0044635_20522095.jpg

まあ一度は死にかけちゃったせいか今は元気で!!免疫も強くなって(笑)・・ありがとさん(^0^)
[PR]
by wulm | 2007-07-01 20:53 | 犬、ペット | Comments(18) |
Commented by summerfield_n at 2007-07-01 21:49
あらら、ブルース君にそんな過去があったなんて・・・wulmさん心配だったでしょうね。きっとwulmさんの顔を見て元気が出てきたんですよ。無理してでも東京に戻って良かったですね。
ブルース君、もう心配かけちゃダメだよ〜。
Commented by ironyt at 2007-07-01 21:53
飼い始めると実にいろんなことがありますよね。
病気との闘いは、飼い主にとっても戦いになるから、
気が休まらない日もあったと思います。
でもその分、それ以上の絆が生まれるんじゃないかなって
思うのです。
うちはお蔭様でペットの方は、みんな健康ですが、
長男が1歳前に保育園事故に巻き込まれて死にかけ、
その後後遺障害を持つ人生を歩んでいるので、一線を
超える経験はなんとなくわかるのです。
Commented by pata2angel at 2007-07-01 22:57
読んでて涙目になってしまいました。
大変な時期を乗り越えて、今があるんですね。

りんも来たばかりでケンネルコフを発症してしまって
(ワクチンをする前に感染したんでしょう・・とのことでした)
ケンネルコフと診断が下るまでジステンパーの可能性もある
と言われ、数日生きた心地がしませんでした。

お互い元気になって良かった^^
乗り越えた分、うんと長生きしてもらいましょうね♪
Commented by retriever_k_i at 2007-07-02 00:08
やったね!ブルース!!
偉かったね~♪
きっと絆が益々強くなる瞬間だったんだね!
ほんと、ブルース君には長生きしてもらわなきゃ困るよ!
Commented by wendy26 at 2007-07-02 00:09
長い人生、じゃなくて犬生いろいろあるさぁ~^^
なんも病気や怪我もしない仔なんて、きっといないよ。
でも、この経験はブルースにとって大事だったね。
今のブルースはきっと、こんなことを乗り越えてこその
ブルースなんだね^^
昨日よりブルースが好きになりました^^
Commented by momohanam at 2007-07-02 07:19 x
。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!治ってよかったブルース君p(´⌒`。q)ワンコは飼い主と一緒に生きる運命なんだも・・・すぐ死なれてたまるもんですか><ワンコって生後まもなく親から離されるからちびっ子の時って結構よわいんですよね;;ももちも生後2ヶ月で家に来て毛の抜け方が尋常じゃなく病院に連れて行ったらアカラスを持っています・・・少し前までは安楽死させていた寄生虫です・・っていわれて><今では治療が効くことが多いって言われてちっちゃい身体に毎週注射打ってがんばってもらったんだょー;;アカラスなおったら今度はアトピーとテンカン・・・でもでも20年!生きてもらうんです!皆のワンコも幸せで楽しく健康で長生きできるように( * ̄)m 祈ってます
Commented by LOHASMAMA at 2007-07-02 09:50
うぅ~~ん・・なんか泣きそうになったよ~~!これから買い物へ行くんだから泣かさないでよねぇ~♪
しかしブルースってそんなに「か弱いワンコ」だったのね~知らなかったわ。飼い主は随分と心配&苦労されたでしょうねぇ~えらいえらい!
うちのワンコは5ヶ月の時虚勢手術したんだけど(睾丸が膀胱の裏に入ってしまってオシッコ出なくなったから)手術後はご飯食べすぎになるくらい大食いになってしまって・・太らないように注意の毎日です。ブルース頑張ってよかったねぇ~今は本当に幸せそうな顔してるもの。
Commented by wulm at 2007-07-02 11:47
summerfield_nさん
ほんとあの時の事思い出すと未だに泣けてきちゃって(笑)あの時のブルースの目が忘れられないんです!!別の意味で今は心配ばかりですよ(笑)我がままで!!
Commented by wulm at 2007-07-02 11:54
ironytさん
事故でしたか・・・犬とは比べ物にならないくらい大変でしょうし・・察するにあまり有ります。でもblogでしかお話したことのないロノさんですが明るく前向きな姿勢と幅広く勉強熱心な姿を拝見していていつも感心させられるのです(^0^)元気に楽しく過ごせたらほんとそれでいいですよね\(^O^)/
Commented by wulm at 2007-07-02 11:56
pata2angelさん
そっかあ、やっぱり子供の頃はみんな色々あったのですねえ・・こうやって一緒に過ごせる事に感謝してます
Commented by wulm at 2007-07-02 11:58
momohanamさん
そうmomoさんのblog見ててももっち大変なんだなあと思ってました・・アカラスって初めて聞きました。ブルのアトピーは都心から引っ越したら治ったんですよ〜ももっち頑張れ〜よ〜
Commented by wulm at 2007-07-02 12:01
retriever_k_iさん
長生きしてもらいまっせ〜おかげで免疫は強力らしいのでバッチリだし(笑)ブルースの○○チでだったら頭洗っても平気なくらいかも(ぎゃーーー)ひどい愛情表現でした<(_ _)>
Commented by wulm at 2007-07-02 12:04
wendy26さん
ありがとうございす!!ほんと色々ありますよねえ・・ブルはそれ以来ほとんど病気もしないし楽なもんです(笑)
こんな経験したんでこの前のWendy26さんの気持ちわかっちゃって人事ながら気になっちゃってました(笑)
Commented by wulm at 2007-07-02 12:09
LOHASMAMAさん
きゃーやさしいのねえ・・ありがと。お買い物前にごめんなさい。小さい時は色々ですよねえ・・今は幸せなのかな??言ってくれないから・・こっちは幸せなんだけど(笑)虚勢すると太りやすくなるって言うよねえ・・食べる事が趣味だしねえ・・何よりもうれしそうだもん!!
Commented by エル at 2007-07-02 14:11 x
涙が出ました・・・・。何の病気も無く 白髪の眉毛になるまで年を重ねてきたものと思っていました。
いてもたってもいられなくて 飛行機に飛び乗ったお気持ちがよく解ります。 その気持ちがブルース君に通じたのでしょうね!
家のエルも1年半前 吐き気と下痢が1ヶ月止まらなくて激痩せしたことがあります。病院で診てもらっても解らず 精密検査を・・・と言う事になりました。
そのとき先生が「ストレスが原因かな?何か思い当たる事は・・・?」と聞かれたのです。
そう・・・・思い当たる事!・・・娘に子供が生まれたのです(初孫)
いつも我が儘を言わないエルなので 精一杯の抵抗だったのかもしれません。 
犬は言葉は話せなくても 私達の言ってること・・・思っていること・・なんでも理解してますよね!
ブルース君もお父さんの思いに応えてくれたのでしょうね・・・だから頑張れたのでしょう!
エルは私の体調が悪い時は甘える事も無く一日中 見守ってくれます。(仮病の時バレてしまうのが難点(笑)
まだ5歳になったばかりなのに苦労が多いせいか顔が真っ白です・・・ でも 私にとっては世界一可愛いゴールデンです!
Commented by wulm at 2007-07-02 15:05
エルさんこんにちは。そっかあエルちゃんはストレスが原因だったのですねえ・・動物はストレスが体に直接来るって聞いた事が有るし、ブルースもここに越してきた一日目に大下痢になりました・・エルちゃんと同じように具合悪くて寝てる時はお菓子の催促もしません!!ほんと仮病だと全然相手にしてくれませんよねえ(笑)
世界一可愛い・・>わかりますよ〜!!
Commented by シェイド at 2007-07-02 18:20 x
wuimさんブルース君お久しぶり!
仕事でくたびれて中々お邪魔することが出来ません。
バルボ、うちも罹りました。

彼女の生命力に賭けるしかないといわれた時に泣きましたよ(笑)
ブルース君もあなたに会えたことで頑張らなきゃとおもったんでしょうねぇ

なんて愛しいんでしょう。思うわずもらい泣きですよ。
何年も前のことなのに・・・(恥)

今日はほんとにいい顔してるわ。元気でいてね。
いつまでもwulmさんをデレデレさせてあげてね
Commented by wulm at 2007-07-03 14:12
★シェイド さん
お忙しそうですね!!天気も天気で体調にはあまり・・ですねえ、気をつけて!!
パルボかかったんですか?結構死亡率高いと聞きました、ブルは大きいから体力があって良かったと・・今元気でいる姿を見ながらあの時思い出すとついつい涙腺緩むんですよ(‥;)ぎゃはは・・照れますねぇ